HOME>呼吸動作研究会

活動報告10

健康維持互助会 2011.02.27
今月の健康維持互助会は、私が企画担当を行ないました。
テーマを「呼吸と骨盤の動き」に決めて、大まかな流れを組み立てました。

最初に、「ロッキングチェア」の動作を行ない、お互いの状態を観察しました。
それから、それが呼吸による動きと連動することを目標として、仰臥位や座位での腹式呼吸を行ないました。
参加者の皆様の様子を見ていて、呼吸の入り方が悪いことが分かっても、なかなか助言や補助が出来ず苦労しました。
そのため、M岡さんとK元くんに大いに助けて頂きながらの進行となりました。
普段の練習や勉強会の準備をする中での、自分自身の実感が不足していることを痛感しました。

後半は、M岡さんに、同様のテーマでの指導をして頂きました。
腹式呼吸では、呼吸によって生まれる力を、外に広げるのではなく内に高めるということを教えて頂きました。
腹部に息を吸い込んだ状態で、会陰部を後方から前方に向けて順に締めていくことで、骨盤が後傾し、腰部に呼吸が入りやすくなりました。
そのためには、骨盤を前傾・後傾という一軸性の動きだけではなく、外周が恥骨部に寄るような立体的な動きとして捉えることが必要だと分かりました。
さらに、腹部に溜めた圧力が体幹の中央を昇っていくように意識することで、肋骨を広げることなく胸部まで引き上げられることが分かりました。

M岡さんには何回も準備を手伝って頂いたのにも関わらず、不充分な出来で当日を迎えてしまいましたが、それでも形にして纏めて頂き、本当にありがとうございました。
健康維持互助会で企画してみたい内容が次々と浮かぶくらい、明確な目標を持って練習に励みたいと思います。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/127-3af14bb8

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】