HOME>呼吸動作研究会

相手に気付いてもらうことを目的として触れる

センタリング・メソッド実習 2024.02.25

今月の研究会では、椅子に座って呼吸を観察しました。
腰やお腹に手を当てながら呼吸し、入りやすい場所と入りにくい場所があることを確認しました。
脚の開きや足首の角度で呼吸に違いが表れることをチェックし、息が通りやすいポジションに変えていきました。
それから、時計の文字盤を想定し、向きや高さを変えながら、骨盤を転がしました。
脊柱へ伝わる波を、呼吸や目線による伸びで増幅すると、指先まで繋がっていきました。
中指を合わせて腕を上に上げ、肋骨を浮かして中を伸ばすと、骨盤も締まりました。
動作のイメージや意識する高さを変えることで、身体の伸び方が全く違ったものになりました。
正解を求めずに、色々と条件を変えながら、臨界までやってみることの大切さを学びました。
両端を確かめていく中でセンターに近付くと、呼吸が通り、柔らかく動けるようになっていくことを感じられました。

後半はK野先生が来てくださり、メンバーそれぞれに施術を実演してくださいました。
相手が身体の現状を自覚できるよう、触れるか触れないかの繊細なタッチで、感覚の違いを伝えておられました。
そこから、どちらにでも動ける状態に浮かし、呼吸を誘導することでバランスを変えておられました。
接触鍼では、柔らかいタッチの中で細やかな振動が伝わり、変化が起こることを体感しました。
相手に違いを確かめてもらう、すぐに次の手に移らずに弛んでいく間を待つといった、施術での大切なことを教えてくださいました。
バランスの現状、身体内部の動き、呼吸で変わる、など相手に気付いてもらうことを目的として触れておられることを実感しました。
術者がどういう立場でお客様に向き合うかによって、心持ちも接し方も全く変わってくることを感じました。

K野先生、素晴らしい施術を体験させてくださり、本当にありがとうございました。
参加された皆様、今月もありがとうございました。

line.jpg


この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/1311-451da91a

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】