HOME>神経訓練合気

身体の隙間を通して相手を落とす

合気観照塾 吹田道場 2024.02.29

股関節から脚を上げると、重みで前に倒れ込んでいくバランスで立つ

前後の重心移動と骨盤の立て替えで、体幹に腕を巻き付ける

足首を決めて、殿部を丸めて、首を立て、中を伸ばした姿勢で相手に持たせる

掴まれた場所は置いたまま、手の内のバランスを変えることで相手との間の弛みを取る

呼吸による広がりで前後や左右の張りを生み出し、お互いの外枠を一致させる

両手を引き分けて息を吸い上げ、全体の引きと攻めで、相手を引き付けながら腕を上げていく

意識も目線も相手の身体で留めずに、空間を広く使って向こう側まで通す

相手を浮かせたまま中だけ弛めて、骨盤が自由に動き、いつでも落とせる状態にしておく

鼠径部の溝が深まる方へ重みを下ろすことで、身体の隙間を通して相手を落とす

呼吸で手の平が返る動きで、相手を浮かせて頚に入れ、弛めてずらし、腰から崩す

240229204843124.jpg

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/1312-751348f0

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】