HOME>日記

明石路傍

先週末は、姫路方面を旅行していました。
姫路駅周辺には長い商店街があり、想像していたより賑やかな場所でした。
買い物は特に期待していませんでしたが、商店街の中にある小さな古本屋で、長い間探していた本が見つかったときは驚きました。

商店街を抜けると姫路城が見えてきたので立ち寄りました。
現在、大天守の修理工事をしていますが、外からの工事の様子と、内部に入っての見学はすることが出来ました。
様々な仕掛けや構造上の工夫に関する解説や、姫路城に縁のある品々が展示されており、歴史を知る上で勉強になりました。
天守以外の場所も見所はたくさんあり、立体的な迷路のような造りの中を歩き回るのは楽しいものでした。

翌日は明石に立ち寄り、昼食には明石焼きを食べました。
他の地域で食べたことは何度もありましたが、明石で食べる明石焼きは格別に美味しかったです。
たこ焼きはソースをかけて食べるに限ると思っていましたが、タコの良さを活かすならダシで食べるほうが優れた面もあり、勝手な思い込みを改めることとなりました。

駅周辺を散策したあと、明石城を見学しました。
まるで城の見学を目的として旅行を計画したかのように誤解されそうですが、たまたま城下町が重なっただけで、私はそれほど城に関心があるわけではありません。
ただ、日本の城はデザインとしては好きで、敵の攻撃を防ぐ機能性や長い年月や災害にも耐える安定性を備えた素晴らしい建築物だと思います。
明石城は天守も無く姫路城と比べると簡素なつくりでしたが、海まで見渡せる高台に建っており、そこから眺める景色は素晴らしいものでした。

かなり歩き回ったのでなかなか疲れましたが、垢あり、城あり、苦労なしの充実した休日を過ごすことが出来ました。
やはり旅行は良いものだと改めて思いました。

明石城

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/150-0551e2de

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】