HOME>呼吸法セミナー

体験記09

センタリング呼吸法セミナー 2011.06.26
昨日の呼吸法セミナーでは、腹筋を緩めておくことの大切さを教えて頂きました。
最初に、自分自身の身体の現状認識を行なった後、仰臥位での腹式呼吸を行ないました。
腰部や背部に折り畳んだ座布団を挟み、腹筋の力を抜いた状態であると、吸気によって身体の腹側が伸びていくことを確認しました。
それに伴い、体幹では脊椎の反りや、骨盤の前傾や、肋骨の引き上げなどが一体となって起こっていることが分かりました。

それから、仰臥位で、両手を挙げた状態で脚を揃え、息を吸いながら側方に倒していきました。
身体の側面が伸びると、脚を倒した側と反体側の上肢が伸展し、体幹の動きが四肢に伝わっていることを感じられました。
運動を行なっている中で伸びにくい部分があれば、そこを伸ばすように意識することで、全体の動きを改善できることが分かりました。
実際に、腹部や側胸部の動きの悪い部位を圧迫して頂き、身体のあちこちを気付かない内に固めてしまっていたことに気付かせて頂きました。

それから、椅坐位での腹式呼吸を行ない、両脚を揃えての骨盤の前後屈や、開いての回旋の動きを観察しました。
膝関節に手を置くことで、その動きが下肢に伝わっていることを確認し、充分に伝えるためには、座ったときの骨盤の位置や、股関節や膝関節の角度が重要になってくることが分かりました。
腹筋に緊張が入らなければ、腹部に入る吸気の大きさや吸い上げる部位によって、それらの動きを調節できることが分かりました。

腹式呼吸を行ないながら身体の動きを観察することで、腹部だけではなく、下肢にも圧迫すると痛みを感じる部位が沢山あり、普段の身体の使い方を改めて見直す必要性を感じました。
骨盤や肋骨といった特定の部位を動かそうとするのではなく、呼吸に伴って全体が連動して動くことが理想であり、そのために腹筋を始めとする筋肉の不要な緊張を取り除いていくことが必要となってくるように思いました。
M岡さん、KMくん、昨日は多くのことを学ばせて頂き、本当にありがとうございました。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/171-50e95ccd

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】