HOME>雑談

桃現況

今年も、桃の季節がやってきました。
私は、よく夕食後にデザートを食べますが、果物の中では特に桃が好きです。
冷蔵庫に数時間入れておいて、手で皮をむいて、そのまま食べるのが、最も美味しいように思います。
すぐにそれと分かる独特の香りも、柔らかい部分の淡い甘味も、種の周りの硬い部分の酸味も、なんとも言えず良いものです。
缶詰やゼリーやジュースなど桃を使った食品は色々ありますが、やはりそのまま食べるのが格別です。

桃の原産地である中国においては、昔から邪気を祓い、不老長寿の力を与える果実として親しまれていました。
漢方薬の材料としても桃の種や花が使われており、服用すると血行を改善する作用があり、特に婦人科疾患に効果があるとされています。
日本には縄文時代から伝わっていたとされ、食用として栽培され始めたのは明治時代以降であるようです。
子供の頃は誰しも、桃の中で育ったという桃太郎をうらやましく思ったものですが、桃は食べ物としてだけではなく、現在も多くの物語や風習の中に残っています。

そうして人々に元気を与えてきた桃の実も、それ自体は果皮が薄く、果肉が柔らかいため、外からの圧力にとても弱いものです。
少しぶつかっただけでも傷んでしまうため、丁寧に手で収穫され、大切に各地まで出荷され、慎重に店頭に並べられています。
白い保護材に包まれ、スーパーマーケットの売り場に並べられている様子は、まるでベビー服を着た赤ん坊のようです。

天候不順のため不作が懸念されていましたが、今年の桃の収穫量は平年並みのようです。
桃は、果物の中でも特に旬が短く、高価なので、年内にあと何回食べられるか分かりませんが、それも私にとっては季節のありがたみを感じられるキッカケの一つになっています。

桃

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/176-bd615cdf

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】