HOME>合気観照塾

感想文11

観照塾 2010.05.08
昨日の観照塾前には、I尻さんに竹刀の振り方を教えて頂きました。
息を思い切り吸い込んで、臨界点に達したところで一気に吐き切ることで、無理な力を入れること無く竹刀の上げ下ろしが出来ることが実感出来ました。
繰り返し竹刀を振っている内に、呼吸に合わせて体を動かすということは、私が考えていたよりもずっと自然なことだと感じるようになりました。
私は学生の頃、テニス部に所属していたのですが、その時は誰に教えられた訳でも無く、息を吸いながらラケットを振り上げ、息を吐くと同時に振り抜いていたことを思い出しました。
どうしても剣を振るとか、合気道の技を掛けると考えると、それぞれに特別な技術や鍛錬が必要だという感覚がありましたが、目指すべき方向はもっとシンプルであることが分かりました。
一方で、観照塾ではI川さんに横隔膜が上がっていないと指摘して頂いて、呼吸という基本であるはずの動作を自分が思ったようにコントロールすることの難しさも、同時に感じました。
これから当分の間は、呼吸に意識を置いて様々な練習に取り組んでいきたいと思います。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/18-1355c41e

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】