HOME>呼吸法セミナー

体験記16

センタリング呼吸法セミナー 2011.11.27
今月の呼吸法セミナーでは、仙骨の重要性を学びました。
畳の上で四つん這いになり、呼吸と共に、猫のように背中を丸めたり反らしたりする運動を行ないました。
仙骨の前傾によって背中を反らしたときには、仙骨によって脊椎が順に前方へ押し出されるようにして頭部まで持ち上がることが分かりました。
逆に、仙骨の後傾によって背中を丸めたときには、骨盤前面のへこみに引き込まれるように、背中が折り畳まれていくことが分かりました。
私は、脊柱が先に動いてしまったり、、仙骨を充分に動かすことが出来ず、仙骨を中心に動作を行なうことの難しさを感じました。

仙骨の動きを体感するためには、尾骨と肛門の位置関係を感じておくことが重要であることが分かりました。
肛門を締めながら骨盤を前傾できると、尾骨が後方を向き、その上にある仙骨も前方へと傾いていくことが感じられました。
仙骨が柔軟に動き、前傾が充分に行なえると、仙骨と第五腰椎がぴたっと嵌るような感覚が生まれることが分かりました。

それから、仙骨の動きによって上肢を前後に振る運動も行ないました。
仙骨の前傾が、脊柱の伸びや胸骨の起き上がりと対応し、それに従って上肢も前方へと移動することが分かりました。
ハンカチを持ちながら両手を上に上げた状態で、仙骨から起こる波が滞りなく上方へと伝わったときには、カーテンが風にはためくような自然な揺れが見られました。

M岡さん、K元くん、昨日はありがとうございました。
私が、特に苦手と感じている内容が満載でしたので、教えて頂いたことを思い出しながら練習に取り組んでいきたいと思います。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/225-1de73d99

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】