HOME>健康

浮ルート

身体の使い方を教えて頂く中で、条件が整えば、あらゆる動作は個別の関節運動の複合ではなく、全身の繋がりをもって行なえることが分かってきました。
それによって、一部の筋力のみによって行なう動作と比べて楽に目的を果たせたり、大きな力が発揮できることを経験してきました。
しかし、身体のどこかに余計な力が入った途端に、そうした繋がりとは無関係な動きになってしまうため、力を抜くことと動作を行なうことの両立の難しさを感じています。

全身の繋がりを感じる上で、力が抜けた状態での運動の代表としても、呼吸が重要であることが分かってきました。
そのため、最近は、深く呼吸をしたときに、身体の各部位にどのような変化が起きているかを観察するようにしています。
立位での「自然体」において、吸気時には、腹部に吸気が入りきる前に下肢内側に張りが生まれ、腹部から胸部への吸い上げと共に、上肢尺側が前上方に伸びていくように感じられます。
一方、呼息時においては、上肢尺側を辿り、背部から下肢後面を通って元の状態に戻っていくように感じられます。
これを東洋医学の経絡に置き換えると、吸気時には空気が腎経を上がり、そこから心経を通って指先まで至っていると言えます。
そして、呼息に切り替わるのと同時に陽経へと移り、小腸経を通って背部に回り、膀胱経を下って足部まで達するように感じられます。

通る経路はいつも同じとは限らず、「自然体」から、上肢を外旋すると心経よりも肺経が伸びやすくなったり、下肢を内旋すると膀胱経よりも胆経を通りやすくなるように感じられます。
姿勢や体調の変化に伴って、呼吸時に感じられる経路が変わったり、あるいは全く感じられなかったりすることもあります。
そもそもの「自然体」がいつでも誰でも同じとは限らないため、常に一定の経路を通ると決めてしまうほうが不自然なのかも知れません。
しかし、呼吸時に通る経路を意識的に変えてみることで、力の抜けた状態に近付けることも出来るということを感じています。
そして、そうした検証を繰り返していくことが、静止した姿勢に限らず、経絡を使い分けながら様々な動作を行なえるようになるために不可欠なのではないかと予想しています。

生まれてから何回の呼吸をしてきたか計算するのも面倒なほどですが、吸息と呼息の繰り返しの中で身体にどのような変化が起こっているかということ自体を考えたことが無かったので、意識しなければ気付かないことが如何に多いかを感じています。
いつも「自然体」で物事に取り組んでいけるよう、もっと自分自身の身体を観察していきたいと思っています。

飛行機雲

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/230-28e25d73

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】