HOME>合気観照塾

感想文87

観照塾 2012.01.28
昨日の観照塾では、歩法と剣術の関連性を学びました。
最初に、呼吸と剣の動きの関係を観察し、それから剣の振り方や足の運び方を変えながら歩法を行ないました。
吸気によって身体を伸ばすことで、剣を一杯まで振り上げる動きと、歩法での片脚が上がる動きが一致して起こっていることを感じられました。
実際に歩きながら剣を振ってみると、どちら側の足が前か、どちら側に剣を上げるかといったことを頭で考えてしまい、スムーズな動きとは程遠いものでした。
しかし、何度か繰り返している内に、意識が抜けている部分に目を向ける余裕が生まれ、少しずつ動作が修正されていく経過を感じることが出来ました。
それから袋竹刀を、相手の袋竹刀あるいは手関節背側に当てさせてもらい、歩法で前進することによって相手を倒す練習もしました。
手関節を決めた状態で、前腕と上腕を絞ることで上肢の外枠を作り、その状態を維持したまま動作を行なうということを、分かっていてもなかなか出来ずに苦労しました。
柄を引き分ける両手の中央から、骨盤の動きと一致させて攻めることが出来ると、腕ではなく身体全体で相手を押せることを感じられました。
そのために、歩法のときにも教わった骨盤の締めによって第五腰椎を決めておく準備が必要であることが分かりました。
そして、袋竹刀や木刀での稽古においても、刃筋を意識して、具体的に斬るイメージを持って練習することが大切であることが分かりました。
それが、自分自身の身体の動作や、相手の受け取る感覚に反映され、技の効果に大きな違いが生じることを感じられました。
これから剣術の稽古に取り組む上で、今回学んだことを活かしていきたいと思っています。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/245-7f4737bf

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】