HOME>健康

肢長損

今まで私は、自分自身の身体に対する感覚においても運動においても、頭部の下に体幹があり、そこから上肢や下肢が伸びているというイメージが強くありました。
しかし、最近、体幹や四肢といった身体の部位の分類に対する認識を見直す必要性を感じています。

私が何らかの運動を行なう際には、筋の収縮で遠位の骨を引っ張ることによって目的を果たそうとしてしまうためか、身体の末端から先導して動かすことが多くあります。
そうした運動では、筋の収縮している部位に対する意識が強くなり、結果として関節を固めてしまったり、繋がりが途切れてしまったりすることが分かってきました。
しかし、一部の筋の収縮ではなく、一本のラインの伸展を意識することによって起こる運動もあることを知り、そうすると、上肢や下肢の運動を体幹と切り離して考えることは困難であると考えるようになりました。
下肢後面の伸展に意識を置きながら骨盤を前方に傾ける運動をしていると、骨盤の上縁である腸骨稜のラインを明確に感じる機会がありました。
その結果、歩行時における下肢の運動も、それまで私が認識していたよりも上方から起こっているということを感じられ、その動きが体幹をどのように伝わって上肢の運動に結びついているのかを観察しやすくなりました。

それと同様に、上肢に対する認識も、より体幹に近付けていくことの必要性を感じています。
たとえ腕を目一杯伸ばしているつもりでも、そもそもの伸ばそうとしている対象が適切ではないために、自らの意識によって制限を加えてしまうといったことも起こりうるということが分かってきました。
また、手部から先行して動かしたときには、その状態を腕全体で支えなければならず、肩部の力を抜くことが困難になってしまうことがよくあります。
しかし、鎖骨や肩甲骨といった上肢帯を体幹から動かせるようになると、肩部や肘部を固めないために自由度が増し、負荷を体幹で受けられるため安定度も高まることが分かってきました。
それを様々な動作の中で自然に使えるようになるためには、上肢を胸部や背部を含めて捉え直していくことが必要なのではないかと考えています。

上肢や下肢に対する認識を拡大することによって、体幹の運動との関連性が明確になり、全身の繋がりが観察しやすくなるように感じています。
便宜上つけられた区分に囚われることで、知らない間に自分自身の身体の可能性を狭めてしまうことのないように、身体の使い方を工夫していきたいと考えています。

雪だるま

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/248-4a226c2d

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】