HOME>呼吸動作研究会

活動報告02

健康維持互助会 2010.05.23
今月の健康維持互助会は、先日お伝えしたように私が企画担当で行ないました。
途中までは予定通り合気体操をメインに行ないましたが、準備不足で途中からメニューを思い付かなかったので、M岡さんに代わって指導して頂きました。
今まで勉強会では受け身であることがほとんどだったので、実際にやってみて人に教えることの難しさを痛感しました。
アドバイスをするにしても自分がそれを確信を持って出来ていないと、どのように改善すれば良いかという言葉が思い浮かばないので、練習の積み重ねと教えるための準備が必要であると感じました。

練習を行なう中でも、逆に他のメンバーから教えてもらうことのほうがたくさんありました。
今回はSRさんが聴講として初めて健康維持互助会に参加されており、私よりもずっと上手に合気体操を行なっておられたので、それを見本にして自分の動きを見直すことが多くありました。
K元くんからは、相手に押されていても外枠を保ったまま、相手との接点、肘、肩、鎖骨、胸部、腹部と順番に力が働いている場所を移動させていく稽古をつけてもらいました。
また、KMくんにはロッキングチェアを行なう上でのアドバイスをしてもらいました。
今まで漠然と腕を上げていたので上半身と下半身のバランスが悪かったのですが、骨盤の動きとの連動を意識して上げるということを教えてもらったおかげで、動きの全体像が見えるようになりました。

次回、担当になるときは私ももっとうまく指導が出来るよう、K野先生や先輩方がどのように勉強会を進めておられるか、教える側の視点からも見ておきたいと思います。
まだ自分自身の身体も使いこなせていないので簡単に指導が出来るようになるとは思いませんが、今は他のメンバーの苦手な部分をアドバイスすることによって一つでも多く改善することが「互助」につながると考えています。

来月の健康維持互助会の企画担当はKMくんです。
鍼灸科の勉強もあって大変だと思いますが、よろしくお願いします。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/25-997f9108

コメント

先日はご苦労様でした。

 自分自身の工夫でも大変なのにそれを伝える事は至難の業...それを感じて頂けたのでは?と想います。

 私の互助会に関する想いは<A HREF="http://ekimochi.exblog.jp/13354371/">春風堂日記♪ 「小春日和 10/05/25」</A>をご覧ください。

 尚、「指導」と「自分の身体作り」を別個のものと考えず、自分自身の日々の組み立ての質を先生・先輩諸氏の取り組み・指導から汲み取り、工夫される事をお勧めします。

 互助は先ず「己から」が「基本」...「己を助けうる力あって」だと痛感する春風堂です。

 その意味で「互助会」の今の段階は「そうなれる様」試行錯誤・創意工夫をし合う段階と位置付け
されるのは如何でしょう?

 「”体操”以前」・「”互助”以前」ですね。
健康維持互助会の
企画・指導を経験させてもらったおかげで、「互助以前」にするべきことの多さが分かりました。
自分自身が練習してきたことを自分の言葉で教えられるようになれば理想ですが、そのためには遠回りをしながらしっかりとした土台を築く必要があると感じました。
今、私がしていることの中にも間違いが色々とあると思いますが、それに気付き改善することによって、後々にその経験を活かせるようにたくさん失敗していきたいと思います。
合気道の技の伝授という意味だけでは無く、これからもご指導よろしくお願いします。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】