HOME>健康

湯に恩

この冬は、特に寒い日が続き、身体を冷やしてしまうことで、体調を崩されている方も多いようです。
私は特に冷え性ということでもありませんが、冬の間は、就寝時に足元が冷えないように湯たんぽを使用しています。
同様の目的で、電気や電子レンジを利用した暖房器具も用いられていますが、私が使っているのは、蓋を開けてお湯を注ぐオーソドックスなタイプの湯たんぽです。
様々な理由があるのでしょうが、実際にお湯を注いで用いる湯たんぽが最も心地良く、朝起きて布団から出た後も、身体が暖まっていることを感じられます。
今回は、誰もが共感して頂けるであろう、湯たんぽに関する「あるあるネタ」を書き並べておきたいと思います。

寒くなりかける時期は、湯たんぽを入れると布団が湿気そうに思い、使うべきか迷う。
しかし、一旦使い始めると、その湿度が良いという結論に達し、毎晩お湯を沸かし出す。
ガスコンロの前で待ち構えていると、やかんのお湯がなかなか沸騰しない。
全て注いだのに湯たんぽが満タンにならなかったときは、残念に思う。
やかんからお湯を注ぐときに、注ぎ口からお湯がこぼれて火傷しそうになる。
蓋がしっかり閉まっていなくて、そこから漏れたお湯で火傷しそうになる。
袋からはみ出している部分に、足が密着して火傷しそうになる。
湯たんぽを動かしたときのちゃぷちゃぷという音が、子守唄のように聴こえる。
寝る前の熱い状態も良いが、朝方の生暖かい感じも何とも言えず心地良い。
それゆえ、布団から出るという一日を始める上で不可欠な行動を起こすために決心を伴う。
ぬるくなったお湯は、次の日に食器を洗ったりするために使う。
寝ている間に湯たんぽを布団の外へ蹴飛ばしてしまい、朝方にがっかりする。
それを防ぐために、掛け布団の端を折り込むと、仰向けで寝たときに足の向きを制限されて辛い。
短時間の仮眠を取るときでさえ、せっせとお湯を沸かしてしまう。
外出するときも、湯たんぽを履いて出掛けたくなる。
常に湯たんぽに囲まれて暮らしたくなる。
人類の最大の発明品は、火薬でも羅針盤でも活版印刷でもなく、湯たんぽではないかと考え始める。
しかし、無いなら無いで、問題なく寝れる。
冬を過ぎると、使い道が全く無い。
夏になると、思い浮かべることさえ無い。
そして、次の冬が来たときに、押入れの奥にしまってあることを思い出して嬉しくなる。

温泉

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/254-a37c14f7

コメント

ありがとーございます♪
リンク貼っていただいてありがとーございますv-10

湯たんぽ、小さい頃から使ってましたが、
冷えがキツかった頃に、良さを再確認しましたv-343

カラダを温めるためには、乾熱じゃなくて
湿熱が良いそうなので、湯たんぽは
最適だと思いますv-354

体内の血液を温めるにはお風呂や
湯たんぽなどの湿度を伴う熱が必要って
ことですわねv-290

1回理論的なお勉強会もお手合わせ願いたいですわ(笑)
コメントありがとうございます
共感して頂ける方が居ないというのが一番ありそうだと思いつつ「あるあるネタ」を書いておりましたが、身近に湯たんぽを愛用されている方もおられることを知り、安心しました。
今年はまだ寒い日が続くようですので、当分は湯たんぽが活躍してくれそうですね。

てるてるぼーずさんのブログも楽しく読ませて頂いています。
施術や身体の使い方に関して工夫されている内容を拝見し、参考にさせて頂いています。
理論的であるかどうかは分かりませんが、施術の練習相手が必要なときは、遠慮なく声を掛けてください。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】