HOME>施術勉強会

体幹音頭

今日は、M岡さんの自宅にお邪魔し、呼吸法や治療法について教えて頂きました。
最初に、ベッドに腰掛けた状態で呼吸を行ない、自分自身の現状確認を行ないました。
私は、呼吸をするときに上方や前方に向かう意識が強く、そのために、下肢や腰背部を飛ばして肩を引き上げたり、胸を突き出したりしてしまっていました。
そのため、足部から呼吸を吸い上げていくことを意識しながら、椅坐位で上半身を脱力した状態から仙骨主導で体幹を起こしたり、伏臥位で仙骨の押し上げによって背部を反らせる練習をしました。
吸息と共に、仙骨が前傾し、下肢が体幹に対して後方に移動することで、仙骨上端によって後下方からすくい上げられるようにして腰椎が決まり、脊椎下部から順に持ち上がってくることを感じられました。
そうした練習をした後には、呼吸が背部を通っていくことを感じられ、「鳥と亀」や「たまたま」の動作を行なうと骨盤の動きが滑らかに脊椎を伝わっていく感覚がありました。
また、私は今まで仙骨の動きを、恥骨側を軸にして行なってしまい、仙骨の動きを充分に伝えられていなかったことに気付かせて頂きました。
鼠径部に下腹部を引き込み、腰椎が決まった状態を起点として、仙骨の前傾や後傾を行なうことで、初めて自分自身の前後方向の臨界を感じられることが分かりました。
仙骨の前傾は後頭部の引きや胸骨の起き上がりにも対応し、そうした連動によって、身体前面を緩めたまま、後面から起こる力を前方へと伝えられることが分かりました。

それから、相手の前腕を把持し、吸気によって相手と繋がり、呼気と共に緊張を緩めていく治療を練習させて頂きました。
呼吸がしやすい姿勢や手の形を取るように心掛けながら、相手と周りの空間を含めて膨らませる意識を持って吸息を行ないました。
そこから、浮かせた重みが重力に従って落ちていく方向へ、相手の根元から引き連れてくるように呼息を行ない、身体が最も伸びる位置まで付いていきました。
相手の姿勢の崩れは自分自身の呼吸の通りにくさと直結し、そうした状態ではもう一度呼吸を入れて、体勢を立て直してから新たな経路を辿るといった工夫も必要であることが分かりました。
接触鍼での治療においては、手部によって入れていた呼吸と意識を、さらに鍼の細さまで細くしていく必要性があることが分かり、その難しさを感じました。

それ以外にも、私が練習に取り組む中で浮かんできた様々な疑問を解決して頂き、多くの変化を感じることが出来ました。
M岡さん、今日は貴重な時間を割いて指導してくださり、本当にありがとうございました。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/256-bf40cf83

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】