HOME>呼吸法セミナー

体験記22

センタリング呼吸法セミナー 2012.02.27
昨日は、センタリング呼吸法セミナー長堀Ⅱ教室に、アシスタントとして参加させて頂きました。
正坐位や仰臥位で現状確認をした後、椅子に座り、下肢の置き方が呼吸のしやすさにどのような影響を与えるかを観察しました。
普段の姿勢では脚が簡単に持ち上がってしまっても、腰が入った状態であると、脚が上がりにくくなり、姿勢が安定し、深い呼吸ができることを確認しました。
その状態で重心を足趾の付け根に乗せていくと、骨盤を前傾したまま臀部が浮き上がり、そのまま立ち上がる動作になることを教わりました。
さらに、参加されている皆様が水泳教室にも通われているということで、水泳の飛び込みの動作と関連付けて教えて頂きました。
臀部が浮いた状態から、体幹を起こさずにより重心を前方に移動していくと、地面を蹴ることなく飛び込む動作に移行できることを知りました。

それから、握りこぶしを腰に当てた状態で、手の当て方によっても、呼吸のしやすさに変化が起こることを確認しました。
そして、呼吸をしやすい姿勢が、クロールにおける上肢の使い方と関連していることも教えて頂きました。
手を前方に伸ばしていくときも、どの指を意識して動作を行なうかによって上肢の動きが大きく変わり、身体の伸びに大きな違いが生じることが分かりました。
泳ぐときは、上肢によって水をかくのではなく、身体の伸びと先に置いた基点に引き寄せられることによって前方に進むということを知り、水泳に対するイメージが変わりました。
クロールにおける上肢の上げ方に悩んでおられた参加者の方が、腰から繋がって伸びていくことを体感されている姿に感動しました。

セミナーを通して、参加者の方々が発せられた言葉や、姿勢や動作の変化を見せて頂く中で、学ぶことが多くありました。
M岡さん、参加者の皆様、昨日は貴重な体験をさせて頂き、ありがとうございました。
来月からも、よろしくお願い致します。 

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/257-54b4d689

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】