HOME>施術勉強会

鉄Q正伝

昨日のカスタード会では、主に骨盤の動きを練習しました。
私の場合は、M岡さんから骨盤の反る・丸める運動を腰椎を中心に行なっていると指摘されました。
正座の姿勢で骨盤を動かしても、腰椎に動きの中心があるため、体重が後方にかかり膝が浮いてしまう上、体幹も安定していませんでした。
骨盤の動きを意識しながら合気体操や合気上げをしている内に、鼠径部を中心に骨盤の運動が行なえると、上半身はそれに伴って動き、安定度や自由度が増すことが分かりました。

途中から、M岡さんの自宅にあった鉄球を骨盤の動きによって持ち上げる練習をしました。
正座をしながら骨盤を反ることで、膝のほうに重心が移動すると共に身体全体が上前方に向かう力が生まれ、その動きが上肢に伝わることで、重たい鉄球も楽に持ち上げることが出来ました。
私が今まで骨盤を動かそうと思うときに意識していた部位よりも下の、恥骨結合に近い部位を意識した方がうまくいくことが分かりました。
また、私の場合は骨盤を動かす前からすでに骨盤が後傾しているために、骨盤を反る動作を目一杯まで行なっても前方への力が働きにくかったことから、ニュートラルな姿勢の重要性も感じました。

ここ一週間ほど骨盤の反る・丸める運動を見直していたため、自分では改善出来たつもりだったのですが、まだまだ不充分であることが分かり、改めて骨盤を思い通りに動かすことの難しさを感じました。
骨盤の動きが曖昧であると全ての練習に遅れが出てしまいそうなので、反る・丸める以外の動作も含めてしっかりと復習しておきたいと思います。

骨盤の運動を行なっている合間に、順番に側臥位・腹臥位になってお互いの治療もしました。
いかに自分が体重をかけやすい姿勢で、相手の身体が伸びていく方向に押圧が出来るかという、ポジション取りに重点を置いて練習をしました。
私は胆経に緊張があったようで、そのラインに沿って押されると思わず声が出るほどの激痛でしたが、治療後に立ってみると足が軽くなりました。
治療を行なう際には、同じ経穴を押していても、経絡全体を意識することで身体に及ぼす変化に差が出ることが分かりました。
途中、無理に緩みを取ろうとして危うく関節技になりかけるという場面もありましたが、最終的には全員が楽になれたようで良かったです。

M岡さん、毎度のことながら自宅にお邪魔した上、練習に付き合ってくださってありがとうございました。
いつまでも半熟のままではいけないので、カスタード入りのお菓子も探しておきます。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/26-578babd7

コメント

 「道具」は色々な色々な視点や方法で自分を見る良いパートナーだと思います。

 何がしかの「考え方」...例えば「経絡」は1つの見方を提示してくれる「目安」です。

 その2つを出来ないことに無理やり押し込めても矛盾が生じます。

 出来ないことを検証するには「盲点」を如何にあぶり出せるか?が大切です。

 その為のこの2つのツールがあると思っています。

 最後に

 「カスタード会」ですので「カスタード」でお願いします。

 カスタードプディング
 プディング(ブレッドプディング)
 フラン
 クラフティ
 パイ(クリームパイ)
 チーズケーキ
 フレンチトースト

 等、バリエーションは色々あります。

 身体の事と共にお含みおき下さい。
盲点
「道具」も「理論」もあくまで身体を見るための一つの指標であるから、それに囚われてはいけないということですね。
ここ数ヶ月の間、自分自身の経験や色々な記事を通して、気付かない内に何重ものフィルターが掛かっているために感覚が遮られていることが分かってきました。
それを取り除くのは想像以上に難しいですが、まずはどんなフィルターが掛かっているかということを認識していくところから始めたいと思っています。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】