HOME>呼吸法セミナー

体験記23

センタリング呼吸法セミナー 2012.03.25
今月の呼吸法セミナーでは、呼吸と身体のバランスとの関連性について学びました。
最初に、仰臥位の姿勢から、吸気と共に、下肢を折り畳んでいく運動を行ないました。
私は、股関節の屈曲と共に骨盤も一緒に後傾してしまっていたために、大腿部前面を緊張させてしまっていたことが分かりました。
下肢を体幹に引き付けるのではなく、膝をそのままの位置で浮かせていく意識によって、恥骨を下に向けたまま股関節を曲げていくことが可能となり、楽に運動を続けられることが分かりました。

それから、側臥位になり、身体の周りで大きな円を描くように畳の上に手を滑らせ、呼吸に伴って起こる四肢の動きを観察しました。
呼吸に伴う骨盤の傾きによって上肢や下肢の肢位が変わり、それに伴って全身のバランスが刻々と変化していくことを感じられました。
下肢の伸びによって身体の重量が一方に偏っても、上肢の伸びる方向や回旋による長さの変化によって両者のバランスが取れていると、体幹から崩れてしまうことなく運動を続けられることが分かりました。
そして、そうしたバランスが取れた状態にあるときには、天秤のように、骨盤を支点として、上肢の末端から下肢の末端を結ぶ張りが生まれていることを感じられました。
その張りを保ちながら運動を継続するためには、手関節や足関節や第五腰椎といった、身体の繋がりにおける要所を決めた状態を維持しておくことが大切であることが分かりました。

セミナー終了後は、SRさんに、そうしたバランスは片側の上肢と下肢だけでなく、四肢のいずれの組み合わせにおいても起こりうることを教えて頂きました。
そして、そこから生まれた繋がりを、体幹の中心を軸として対称に動かしていくことが、様々な動作を行なう上で重要であることに気付かせて頂きました。
実際に、歩法や剣術の捻り込みといった動作と関連付けて指導して頂く中で、身体の繋がりに対する見方が変わったことを感じられました。
M岡さん、K元くん、SRさん、昨日は、身体の繋がりを感じる上で大切な点に気付かせて頂きありがとうございました。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/265-5bbcdb2e

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】