HOME>雑談

古書古書話

以前にもブックオフ巡りをしたという文章を書きましたが、私は古本屋によく行きます。
こう書くと、私がさも読書家であるかのように思う方がいるかも知れませんが、普段それほど多くの本を読む訳ではありません。
だからと言って、古本屋で立ち読みするつもりも、買った古本を転売して小遣いを稼ぐつもりもありません。
いつの間にか目的と手段が入れ替わってしまい、本を読むこと以上に古本屋に行くことが好きであるような気がします。
やや理解され難い趣味だとは思いますが、釣り好きの人が魚を持ち帰ることよりも、釣り上げるまでの過程を楽しむという感覚に似ているかも知れません。
最近はインターネットでの古書販売が盛んになってきており、古本屋に行く時間や交通費を考えれば、そちらで探すほうが効率的なのは間違いありません。
しかし、いくつもの古本屋に足を運んで、欲しかった本を見つけて手に取ったときの喜びには替え難いように思います。
私の場合は、古本屋に行っても、掘り出し物が無かったことに満足して手ぶらで帰って来ることが多々あります。
十年近く探している本が何冊かあるのですが、潜在意識ではそれらがなかなか見つからないことを喜んでいるような気さえします。
また暇な時間が出来れば、おそらく見つかることは無いであろう本を探しに古本屋に出掛けていることでしょう。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/27-b641c2f9

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】