HOME>施術勉強会

上げ波長

昨日は、M岡さんの自宅にお邪魔して、身体の使い方や治療について教えて頂きました。
最初は、私の前回の観照塾での課題だった、相手との接点に馴染む手の使い方から指導して頂きました。
息を吐き切って力が抜け、充分に息を吸える状態になってから、相手に把持されている部位を吸気によって均等に膨らませることが出来ると、接点の緩みが取れていくことが分かりました。
私は相手を浮かせるためには「上に上げなければならない」という意識が強くありましたが、吸気に伴う前方に向かう力が働きそこから緩みを取り続けていくことが出来ると、結果的に相手の踵が持ち上がってしまうということが分かりました。

それから、片側の手だけで、様々な種類のボールを持ち、左右の手の感覚にどのような違いが生じるかを観察しました。
ボールを持ったときの母指と他の四指との対応や、手背側と手掌側の引きと攻めを意識しながら手の形を作ることが、対象がどのような形状でも馴染むように持つために重要であることが分かりました。
また、大きさや硬さや質感や温度といった、それぞれのボールから受ける感覚の違いを認識して行なうことが、得られる情報量を高める上で大切であることを感じられました。
M岡さんに能や日本舞踊で使用する扇をお借りし、それぞれの扇の違いを感じながら身体を動かす練習もしました。
扇の上げ下ろしを行なう中で、扇を介して受ける空気の圧力から、あるいは実際の扇の動きから、直線ではなく、寄せて返す波のような呼吸の緩急を感じられました。
さらに、風が吹いている様子や、蝶が飛んでいる光景を想像して、扇を持ちながら自由に運動を行ないました。
単なる連続した動きではなく、そうした具体的なイメージを持って動くことが、自分自身やそれを見た他人が感じる動作の真実味に大きく関わっていることを感じました。

そうした練習から得られる、道具を持ったり動かしたときに感じる現実感が、治療においても大切であることを学びました。
意識して手の形を作らなくても、相手に呼吸が通りやすいように把持し、相手から伝わる変化に力を入れずについていくことが可能となることを感じました。
呼吸によって相手の身体のいずれかの部位を浮かすことが出来ると、後は繋がりが途切れないように把持して待っているだけで、自然に伸びていく方向を感じられ、それが身体の繋がりを改善させる治療となることが分かりました。
そのためには、身体のどの部位の治療においても、自分自身の呼吸が詰まらず、肋骨を浮かせられる姿勢が取れるように準備しておくことが大切だと分かりました。
M岡さん、昨日はお忙しい中、時間を割いて指導して頂き、ありがとうございました。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/271-feae4be2

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】