HOME>呼吸法セミナー

体験記28

センタリング呼吸法セミナー 2012.04.26
昨日は、センタリング呼吸法セミナー山科教室に参加させて頂きました。
椅子に座り、骨盤を前後や左右に傾けながら、股関節と膝関節と足関節の動きの関連性を観察しました。
股関節の噛み合わせ、膝関節の脱力、足関節の角度といった条件が整うと、骨盤の動きに伴って、自然に下肢が連動して動いていることを感じられました。
その動きを大きくすることで、立ち上がりや歩行の動作がなされていることが分かりました。
それから、股関節の動きによって、両側の足部の描く軌道が鏡写しになるように漢字を書きました。
字の形に沿って動かしていくことで、移動しにくい方向や、対称に動かせていない箇所があることを感じられました。
最初は足部の動きに意識が向きがちでしたが、膝関節、股関節と中枢に目を移しても、同じように字の形に動いていることを感じられました。

それから、扇を持ちながら、股関節の動きが、どのように体幹や上肢に伝わっているかを観察しました。
上下・左右の動きから始まり、リズムやイメージに合わせて、様々な動作を行ないました。
両手を前方に上げた姿勢で、上肢の力が抜けていると、股関節の動きによって肘や手関節の角度が変化し、祭りの踊りの動きに似通ってくることを面白く思いました。
そして、目線と臍の向きと扇の位置関係を常に意識することが、全体としての動きが決まって観えるかどうかに大きく関わっていることを感じました。

そのあと、仰臥位で、ボールを背部に挟み、それを転がしながら運動を行ないました。
ボールの不安定性を利用して、固まっている部分を気持ちの良い方向に伸ばすことによって、自分自身で身体の緊張を緩められることが分かりました。
また、上肢や下肢を把持して誘導させて頂くことによって、運動の可能性が広がり、治療にも応用できることを知りました。

今回も、参加者の方の状況に合わせてメニューを構築し、道具を用いたり、遊びの要素を盛り込むことで、楽しみながら学べるように工夫されていることが印象的でした。
M岡さんはもちろん、至らない点が多いのにも関わらず、私を温かく受け入れてくださっている参加者の方々に心から感謝しております。
見て頂いたときに、良いお手本となれるように、もっと練習していきたいと思います。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/279-47cccf2f

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】