HOME>施術勉強会

流れ母指

昨日は、M岡さんのご自宅にお邪魔して、NTさんとの「3人会」に参加させて頂きました。
施術の練習を行なう前に、椅子に座って、股関節と骨盤の動きの関連性を観察しました。
動作に移る前の姿勢を調節したり、固まっている部位を緩めたりと、動作を行なえるように条件を整えていくことの大切さを学びました。
骨盤の動きによって手の下に置いたボールを転がせると、移動するボールの球面に対応して上肢の関節それぞれが連動して柔らかく動き、それがそのまま治療における身体の使い方と一致していることを感じられました。
NTさんに姿勢や動作をアドバイスをさせて頂く中で、私自身の抜けてしまっている部分に気付くことが沢山ありました。

それから、私が患者役としてモデルを務めさせて頂き、伏臥位で肩甲骨周りの緊張を緩める手技を受けさせて頂きました。
母指で押すのではなく、四指を引っ掛けて呼吸によって浮かせることで、結果的に母指が当たっている箇所に圧が加わり、動作の中で緊張が緩んでいくことを感じられました。
また、肩甲骨の動きが、背部や腰部の固まっている部位に、どのように伝わっているかを観察しました。
肩甲骨の浮いていく方向によって、緩む位置とより固まる位置があり、二点を繋げたままで通り道を見つけることで、離れた部位の緊張も改善していくことを感じられました。
施術を受けていると、M岡さんの助言のもと、NTさんの手技がどんどん変化していかれていることがよく分かりました。
また、モデルをさせて頂く中で、自分自身の施術と照らし合わせて体感することができ、学ぶところが多くありました。
M岡さん、NTさん、昨日はありがとうございました。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/289-1c95f69f

コメント

今回もありがとー♪
いつもお世話になっておりますv-290
道案内&練習台&指導者などなど、
色んなお役目ご苦労様ですv-356
面倒なヤツでごめんなさいね~v-12
おかげで、ドンドン吸収率がよくなって
来ている気がしますv-291
大感謝ですv-344
そして淡淡斎くんの癒しの手の
ファンになっちゃいましたv-10
先日はありがとうございました
私は治療技術も実技指導もまだまだ未熟ですが、そう言って頂けると本当に嬉しく思います。

てるてるぼーずさんは、もともと指使いが滑らかなので、手技の変化にも即座に対応されることに感心しました。
ちょうど肩甲骨の周りで動きにくい箇所があったのですが、モデルをさせて頂けたおかげで楽になりました。
また一緒に身体創りや施術の勉強会をしていきましょう。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】