HOME>施術勉強会

深感覚

今日は、KTさんの治療院に上がらせて頂き、「吉祥会」に参加させて頂きました。
前半は、M岡さんに、経絡という視点から身体の使い方を教えて頂きました。
椅子に座った姿勢で、特定の経絡を意識しながら、股関節の運動を行ないました。
腎経を働かせることで身体前面にある鼠径部の意識が明確になると、同時に膀胱経も働き身体後面にある仙腸関節の感覚が生まれることを感じられました。
また、動作を行なう中で、流れが滞っている経絡だけを意識するのではなく、実と虚の両面から診ていくことの大切さを教えて頂きました。
そうした陰陽のバランスによって、身体の厚みを認識することができ、それが動作の深さとして表れてくることを感じました。
私は、バランスと言うと左右差に目が行きがちでしたが、自分自身が呼吸や動作を行なう上で身体前面の意識が強いことを実感し、前後のバランスにも注目していく必要性を感じました。

それから、仰臥位になり、身体の厚みを意識しながら呼吸を行ないました。
腹部に吸気を吸い込むと鼠径部の締めと共に骨盤が前傾し、その締めを維持したまま腰部へと吸い上げることで骨盤が後傾していくことが分かりました。
胸部や頚部への吸い上げも、骨盤や肋骨を締めたまま行なうことが、身体内部の空気の移動を感じ、その力を上肢へ伝える上で重要であることが分かりました。
さらに、腹部に分厚い本を乗せて呼吸を行なうと、腹部への吸息によって浮かせた本の重みが、保息に伴う緩みによって身体内部を通り、背部まで沈んでいく感覚が感じやすくなりました。
今まで私は大きな呼吸を目指そうとしたとき、身体の表層を膨らませることに意識が向き、身体内部の観察ができていなかったことを感じました。

後半は、KTさんの鍼治療を受けさせて頂きました。
私は、下肢後面の膀胱経のラインに疲労感があったので、小腸経の後谿穴への置鍼で緩めて頂きました。
また、ちょうど前半に教えて頂いていた正経の関係や、奇経との関連も感じられ、とても良い経験になりました。
M岡さん、KTさん、今日も多くのことを学ばせて頂き、ありがとうございました。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/290-670077e7

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】