HOME>呼吸法セミナー

体験記31

センタリング呼吸法セミナー 2012.05.28
昨日は、センタリング呼吸法セミナー長堀教室Ⅱにアシスタントとして参加させて頂きました。
椅子に座った姿勢で、手で手伝いながら、鼠頚部の締めや大腿骨の転がりや骨盤の動きを観察しました。
同じ動作を目標にしていても、参加者の方それぞれが身体の使い方も取り組み方も違い、適確にアドバイスさせて頂くことの難しさを感じました。

それから、お互いに向き合って両手を繋ぎ、両足を合わせ、股関節によって引いたり引かれたりという運動も行ないました。
股関節を交互に引くことで、片側の上肢や下肢が伸び、それぞれがクロールや背泳ぎに似た動作になることに驚きました。
また、鼠径部と仙腸関節を交互に意識しながら外周を通るように骨盤を動かすと、上肢や下肢への連動に伴って平泳ぎの動作になることを感じられました。
それぞれの泳法が、股関節の動きから起こる連動によって行なえることを知り、泳ぎに対する見方が大きく変わりました。

今月は、多くの勉強会に参加させて頂く中で、様々な視点から学ぶことができ、身体の使い方に関する観察を深められました。
特に私にとっては鼠径部の感覚がずいぶん変わり、そこから身体の繋がりを感じやすくなったことを実感しています。
M岡さん、参加者の皆様、本当にありがとうございました。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/294-3e11bcef

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】