HOME>施術勉強会

肩甲奉仕

今日はKTさんの治療院にお邪魔して、「吉祥会」に参加させて頂きました。
最初に、椅坐位や仰臥位で呼吸を行ないながら、空気が通りにくい部分や、入り方の左右差を観察しました。
そして、上肢や下肢の置き方を変えたり、タオルを挟んだり、上から圧を加えたりして、どのようにすればそれらが改善するかを工夫しました。
それぞれに、力が入ってしまう部位や吸い上げにくい場所など異なる癖があり、それらを丁寧に診ていくことの大切さを感じました。

それから、手を胸の前で組み合わせ、呼吸によって上げ下ろしをする練習をしました。
手を浮かせる位置を、息を吸い上げた高さ、あるいは息を吐いた高さと一致させ、呼吸の段階を意識することを目標として行ないました。
吸気によって身体が最も伸びる位置は、自分自身で思っていたよりも前方にあり、上肢を上げようとして身体前面を基準として動かしてしまっているために途中で詰まっていたことが分かりました。
肩部をより後方から浮かせることを意識できると、肩甲骨上角の感覚が生まれ、身体後面を起点とした上肢の動きを感じられました。
呼吸に伴うそうした動作を実現するためには、督脈の緩みを取り、軸を形成しておくことが大切だと感じました。
それから、向き合って腕を交差させ、相手との接点の間の緩みを取って、付け続ける「聴頸」を練習しました。
接点の位置や向かう方向が刻々と変わっていく中で、相手とぶつからずに緩みを取り続けることの難しさを感じました。
そして、相手が呼吸をしやすい方向に誘導したり、身体のバランスを改善したりすることとの繋がりを感じました。

それから、KTさんに、鍼治療を受けさせて頂きました。
今回は、季肋部への打鍼を体験させて頂き、身体内部に響くような不思議な感覚を感じられました。
また、背部の熱を取り除くために、膀胱経への散鍼も施してくださりました。
接触時の指の開きによって鍼尖がわずかに触れるような、細やかな手技が印象的でした。

M岡さん、KTさん、Z間さん、今日も多くのことを学ばせて頂き、ありがとうございました。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/298-6d578b63

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】