HOME>施術勉強会

頚部保

昨日は、KTさんの治療院で行われた「吉祥会」に参加させて頂きました。

今回は、それぞれテーマを持ち寄って、それらを解決することを目標として、仰臥位での呼吸の観察から行ないました。
呼吸の入りやすい部位と入りにくい部位を確認してから、手や足の置き方を変えたり、タオルを挟んだりして、呼吸の入り方の変化を観察しました。
アドバイスさせて頂く中で、現状での癖や、そこからの変化を体感として残して頂けるように誘導することの難しさを感じました。
それから、ボールを、壁と身体後面の間で挟んだり、床と身体前面の間に入れたりして、圧力の変化を感じながら呼吸を行ないました。
ボールの位置をずらしても、それ以前に感じていた圧力を思い浮かべながら続けることで、同時に意識できる箇所が増え、身体の連動を感じやすくなるように思いました。
私は、身体背側の連動に関して、仙骨と後頭骨の後方への押しのイメージがありましたが、吸気に伴う頚椎の後上方への浮きを意識することの大切さを感じました。
それによって後頭骨の引きに、胸骨や肋骨がついてくることを感じられ、上肢帯の土台を形成することで鎖骨や肩甲骨が自由に動かせる状態となり、上肢を楽に浮かせられることが分かりました。
そうして生まれた軸を保つことで、安定した動作を行なうことができ、それが「折れない腕」を実現するためにも大切であることを検証しました。
M岡さん、KTさん、Z間さん、昨日もありがとうございました。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/303-6514ac6d

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】