HOME>合気観照塾

観照文05

観照塾 2012.07.21

様々な部位(手部、前腕、上腕、肩部、胸部)を、様々な位置(前方、側方、後方)から把持してもらう

・相手に合わせて力を抜く
・手掌側と手背側のバランス
・手部を柔らかく使う
・相手との接点まで吸い上げる
・目線と一致した空気の誘導
・身体内部の細さと相手に伝わる力の大きさ
・意識の使い方によって生じる落差

今日の稽古では、「分け目」を感じることの大切さが印象に残りました。
持たれている二ヶ所の接点それぞれで相手の頚に入れ、両者のベクトルをその中点で攻めることで、途切れることなく付け続けられることを学びました。
治療においても重要な要素であることを感じましたので、これから意識していきたいと思います。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/315-9cb85d22

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】