HOME>施術勉強会

講習メモ10

今回の「天晴会」は、今までの復習ということで、これまでに行なった練習のいくつかをおさらいしました。

◇現状認識

立位・仰臥位で現状を観察する

◇呼吸

<仰臥位・伏臥位・側臥位>

姿勢を変えながら呼吸を観察する
・呼吸の入りやすい部位と入りにくい部位
・緊張している部位
・上肢や下肢の置き方を変える
・吸い上げる位置を変える
・骨盤や肋骨の動き
・上肢や下肢への呼吸の伝わり方
・吸息と呼息の間、呼息と吸息の間

<正坐位・椅坐位>

骨盤の動きを観察する
・色々な方向に動かしてみる(前後・左右・回転・傾斜)
・同時に動いている部位
・身体の移動方向
・重心の位置
・体幹の軸
・動作の幅
・上肢や下肢への連動

両手で棒を持って動かす
・色々な方向に回してみる(水平方向・上下方向・左右方向)
・骨盤の動きとの連動
・体幹の移動方向
・力の入りやすい部位
・繋がりが途切れる箇所

◇相対練習

相手に側臥位になってもらい、揺れや伸びを誘導する
・相手の姿勢取り
・自分自身の位置取り
・相手が伸びやすい圧の方向
・自分自身の力が抜けやすい圧の掛け方
・呼吸との連動

◇前後の確認

呼吸や姿勢の変化を確認する

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/322-891fdd8c

天晴会10回目は総復習です!
今回の天晴会は記念すべき10回目 9回目の終了時にO先生から 『10回目は復習の会にしますので、質問などあれば、まとめておいてください』 との宿題が出ておりました 恒例です...

コメント

早くも10回終了!
10回目もありがとーございましたv-344
苦手な部分をもう1度、最初から見て
いただけたことで、さらに理解を深める
きっかけをいただけましたv-363
やっぱり勉強を見ていただかないと、
ダメなタイプであると実感v-356
でも、見ていただける状況にあることが
本当にありがたいですv-290
棒を持っての骨盤の動きがまだ苦手ですが、
仙腸関節をもっと動かせるように
意識をしながら施術時の動作や姿勢を
改善したいと思いますv-278
先日はお疲れ様でした
もう10回目とは早いですね~。

毎週だと消化されるのは大変だと思いますが、全く別の練習を通して、苦手だった動作が出来るようになっていることもよく有りますので、焦らず行きましょう。
また、進めている中で分かりにくい部分がありましたら、いつでも構いませんので教えてください。

次回も、よろしくお願いします。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】