HOME>施術勉強会

講習メモ11

今週の「天晴会」は、以下のような内容で進行しました。

◇現状認識

立位や仰臥位での現状を観察する

呼吸の入りやすい部位・入りにくい部位を触って確かめる

◇呼吸

<仰臥位>

帯を巻いて呼吸を観察する
・身体が均等に膨らんでいるかを観察する(前面・側面・後面)
・空気の位置や量と圧力の変化
・締める箇所を変える(下腹部、季肋部、下腿部)
・外しているときの違い

<長坐位>

足底に帯を回して、体幹を後ろに傾ける
・身体後面の引き
・腹側の緊張の有無
・骨盤での支点
・帯と上肢による張り
・下肢の動きに伴うバランス

<椅坐位>

体幹や上肢を垂らした姿勢から、身体を起こす
・空気の移動と体幹の立ち上がりの関係性
・仙骨の動き
・脊椎の意識
・動きを先導している部位
・体幹の向きを変えて同様の動作を行なう

◇相対練習

相手の四肢を把持して浮かす
・自分自身の力を抜きやすい位置取りや姿勢
・腕力だけで持ち上げた時との違い
・相手のどこまで繋げられているか

◇前後の確認

前後の変化を確認する

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/326-7c8b3dff

天晴会11回目は汗だくでした
毎週O先生にお願いしている天晴会も、もう11回目 先週はお盆に当たっていたので、おやすみにしていただきました 2週間経って、10回目までに教わったことを、11回目の会まで

コメント

11回目もありがとーございました!
毎回なんですが、天晴会でご指導
いただいているときは
しっかりわかっている気になりますが、
改めてひとりで練習台に同じことを
してみようとすると、さっぱり
できなかったりしますv-12
何度も何度も同じことをやってみて、
わからないことは天晴会でまた同じ
質問をするかもですv-356
あっという間の11回目でしたが、
12回目もまたよろしくお願い申し上げますv-290
先日もありがとうございました
そういうことは、よくありますね~。
上手くいかないときも全く同じことをするのではなく、色々と条件を変えながら試してみると、新しい発見があるかも知れません。
すぐに出来なくても、他の練習をしているときに急に繋がることも多いですので、焦らずに行きましょう!
また、分かりにくい部分がありましたら、いつでも教えてください。

それでは、本日の天晴会もよろしくお願いします。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】