HOME>合気観照塾

観照文10

合気観照塾 2012.09.01

合気下げ
・身体後面での吸い上げ
・脊柱の湾曲に沿った動き
・保息して緩める位置と落下する方向
・手部の回転
・内部を先に落とす
・前方への推進力

接点の緩みをとって、相手の頚まで繋げる
・どこからでも繋がる
・相手の骨盤や肋骨を締めるように緩みを取る
・自分自身と相手の体内の動きの一致
・中心を攻める
・最後まで取り続ける

先日の稽古で、合気道の技と治療の手技との共通点を、より明確に感じられました。
両下肢や肩部を浮かせて、繋がった状態で揺らしてもらうことの心地良さを体感できました。
表面の動きと内部の繋がりの違いを重視しながら、練習に取り組んでいきたいと思います。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/331-83fba565

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】