HOME>施術勉強会

講習メモ15

今週の「天晴会」は、以下のような内容で進行しました。

◇現状認識

立位での現状を観察する

立位で肩を回してみる
・回りやすい側、回りにくい側
・動きの大きさ、軽さ、滑らかさ

◇呼吸

<側臥位>

呼吸に伴う上肢の滑りを観察する(前方・後方、頭側・尾側)
・手指の、身体や床との接触を意識する
・触れる経路を変える
・意識する指
・伸びの臨界点
・骨盤の動きとの関連性
・左右の動きの違い

上肢を身体の周りで大きく回す
・肩甲骨と肋骨の間の滑り
・下肢とのバランス
・手掌の向きが変わる位置
・吸息と呼息の切り替え
・手部が床から浮く場所
・動きがスムーズでない場所

<正坐位>

両手で帯を持ち、肩甲骨の動きを観察する
・胸の前で動かす、背中側で動かす(縦横、前後、上下、八の字)
・骨盤の傾き
・脊柱の屈曲伸展
・肘の脱力
・身体の周りで帯を回す(下腿の下を前回り・後回り、体幹の周りを右回り・左回り)
・回りにくい場所

◇相対練習

<正坐位>

相手に側臥位で寝てもらい、上肢の動きを観察する
・動きが悪い箇所
・繋がりが途切れている部位
・伸びやすい方向への誘導

◇前後の確認

前後の変化を確認する

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/337-88ed30b5

天晴会15回目は叫びまくりました(涙)
6月から始まった天晴会は、あっという間に15回目 最初は自身のカラダが変わって行くのもよくわからなかったけど、回を追うごとに自覚 出来るようになってきました 最近は、体型そ...

コメント

15回目もありがとーございました!
今回もすごく勉強になりましたが、
体感もすごかったですv-12
なんと自身のカラダの固いことかv-356
次回も是非、改善できそうな箇所への
アプローチをよろしくお願いいたしますv-290
いつもコメントありがとうございます
自分自身の身体の現状というのは見えにくいものですが、それに気付くことによって、動かせなかった箇所を動かせるようになったり、出来なかった動作が出来るようになったりしたときは嬉しいですね。
少しでもそうした発見をして頂けるように、次回のテーマを考えておきます。
今週の天晴会も、よろしくお願いします。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】