HOME>施術勉強会

講習メモ16

今週の「天晴会」は、以下のような内容で進行しました。

◇現状認識

立位、仰臥位で現状を観察する

立位で体幹を前屈する
・どこまで手が着くか
・どこで曲げているか

◇呼吸

<仰臥位>

膝を曲げて、下肢の動きを観察する
・足底の圧力の変化
・踵の向かう方向
・膝蓋骨の向き
・大腿部の引き寄せ
・骨盤の傾きや締め
・関節を個別に動かしたときとの違いを観察する(足関節、膝関節、股関節)
・動かすと緊張する部位
・張りの生まれる経路
・それぞれの関節の曲がる位置
・一つ中枢側にある関節の動きとの関連性

<長坐位>

両脚を開いて、呼吸に伴う下肢の動きを観察する
・坐骨の接地する位置
・膝関節や足関節の角度
・母趾や膝蓋骨の向いている方向
・下肢の動きの連動
・鼠径部の深
・骨盤の動く軸、幅、奥行き
・ボールの上に坐る、椅子に坐る
・骨盤の動きと体幹の向き(前後・左右・回転)
・手の揺れる方向

◇相対練習

<正坐位>

相手の下肢を浮かせて、膝関節や股関節の動きを観察する
・浮かせられる姿勢取り
・関節の曲がる位置
・緊張の緩む方向
・頚部との繋がり

◇前後の確認

前後の変化を確認する

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/340-091b000c

天晴会16回目は衝撃的に理解したことがありました!
毎回思いますが、あっという間に16回目 ホンマ早い 少し涼しくなってきてますが、秋晴れの空がすごくキレイで、気持ちか良いです 温かいおやつをと思い、たまたま手元にあった黒ゴ...

コメント

16回目もありがとーございました!
ああ、立位体前屈をすっかり失念しておりましたv-12
うぬぅv-356
椅子に座った姿勢での、大転子を中心とした
骨盤の回転がすごくわかりやすかったので、
やっと軸をブレさせないで腰を回す
動作がしっかりできるようになりましたv-291
めちゃめちゃ腑に落ちましたv-344
次回もよろしくお願い申し上げますv-290
先日はありがとうございました
今回もお疲れ様でした。
自分自身では意識している部位を動かしているつもりでも、余計な動きが含まれていたり、起点が違ったりすることはよくありますが、そうした区別を付けることは難しいものですね。
骨盤の動きに関して、得るところがあったようで良かったです。

また来週もよろしくお願いします。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】