HOME>合気観照塾

観照文13

合気観照塾 2012.10.06

「雑巾絞り」で相手に負荷を掛けてもらう
・体幹の軸と太極棒の引き分け
・鼠径部の寄せ
・後頚部の伸び
・太極棒の長軸方向の回転
・肩が固まらない動き
・肘の張り
・相手からの負荷を集められる引き
・下方から伝わる力
・呼気が落ちる位置と太極棒が下りる方向

手掌に相手の肘を乗せてもらい、浮かせる
・呼吸に伴う揺れが無理なく伝わる姿勢
・作為の無い吸い込み
・接点の緩みを取り続けられる方向
・意識する一点

今回の稽古では、相手の頚部まで繋げるための前提を丁寧に整えていくことの大切さを学びました。
自分自身の頚と繋がるように上肢の置き方を合わせ、相手の重みが丹田に落ちるように体幹の向きを調節し、そこを動作の中心とすることが出来ると、そのまま呼吸の力を伝えられることを体感できました。
そうした姿勢取りをもっと自然に出来るように、普段の身体の使い方を見直していきたいと思います。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/343-5feaf3e9

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】