HOME>呼吸法中心塾

学習内容21

バランス☆運動療法初級 2012.12.08

マラカスを手の内に入れ、相手を揺らす
・繋がる姿勢取り
・手の当て方
・肋骨の浮き
・後頚部での引き
・相手との間に生まれる張力
・鳴り続ける動き
・動作のリズムと相手に伝わる揺れ

側臥位で、相手の繋がりを誘導する
・バランスの取れる位置
・五指それぞれの意識
・右手と左手の間の繋がり
・緩むまでの待ち
・落ちていく方向
・自分自身も緩む動き

今月のバランス☆運動療法初級講座では、施術を行なう上で、誘導しようとする意図を除くことが如何に大切かを学びました。
揺れによって動きにくい場所が伝わり、右手と左手それぞれで固まっている部位に焦点を当てて待っていると、自然に伸びていく方向が感じられました。
K野先生、先日も多くのことに気付かせてくださり、ありがとうございました。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/363-0fb43c7e

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】