HOME>呼吸法中心塾

学習内容22

バランス☆運動療法初級 2013.01.12

相手に手背を抑えてもらい、力を伝える
・手の内の緩み
・持っているものの中心
・手の甲の意識
・自分自身の細さ
・相手の浮き
・刃の反りの意識
・周りの空間を動かす
・相手が落ちる位置

相手に仰臥位になってもらい、バランスを改善する施術を行なう
・足を上げる動作の起点、早さ、滑らかさ
・膝や肘の曲がり方
・ちょうど良い位置と高さ
・三次元的な転がり
・頚部までの繋がり
・骨盤の緩みと締まり
・最後まで付け続ける

昨日の中心塾では、手の甲を始めとして、陽経の意識を持っておくことが如何に大切かを学びました。
それによって、自分自身の外側の空間にも意識が及び、把持している部位だけに囚われずに相手の全体を包んで持てるということを感じられました。
K野先生、今月も多くのことを伝えてくださり、ありがとうございました。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/374-02b34115

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】