HOME>合気観照塾

観照文23

合気観照塾 2013.01.12

歩法を行なう
・踵と足趾の付け根
・膝の曲がる位置
・鼠径部の締め
・呼吸との同調
・骨盤の傾きや立て替え
・重心の移動
・途切れない丹田の重み
・足が浮くタイミング
・バランスで降りていく方向
・後方の脚の引き寄せ
・後頚部の意識
・目線の高さ
・体幹の軸
・意識による先導
・肋骨が締まる上肢の浮き
・股関節と上肢の動きの関連性

昨日の観照塾では、歩き方を色々と変えながら、歩法の稽古をしました。
練習しているうちに、最初は足元に向いていた意識が、肋骨や上肢といった他の部位であったり、重心や軸といった様々な要素へ広がっていくことを感じられました。
学んだ事柄を生活に取り入れながら、意識できる範囲や精度を高めていきたいと思います。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/375-e0434f6f

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】