HOME>呼吸法セミナー

体験記39

呼吸法研究会 2013.01.27

膝上部を紐で縛って、下肢の動きを観察する
・踵の押し出し
・大腿前面の伸び
・膝の向かう方向
・鼠径部への引き込み
・下肢に生まれる丸み
・それぞれの関節の玉
・転がりに伴う繋がり

下肢を縛った姿勢で、呼吸に伴う動きを観察する
・足関節の決め
・膝の浮き
・仙骨の傾き
・脊柱の反り
・手部から肘へ向かう圧力
・上肢尺側の伸び
・後頚部の引き
・下肢後面と背部のアーチ
・踵と尾骨と後頭骨のバランス

また、研究会の終了後には、剣術の稽古を付けて頂きました。

模擬刀を用いて、居合いの練習をする
・向かってくる敵の想定
・刃の向き
・身体内部の伸び
・骨盤の立て替え
・手関節の決め
・上腕後面の伸び
・肘の向かう方向
・腹部への繋がり
・肩部の脱力
・下肢の後方への引き
・両側の股関節の一致する位置

昨日の呼吸法研究会では、上肢や下肢の繋がりに対する認識が大きく変わりました。
稽古を通して、力を抜いたまま下肢や上肢を浮かせるために、膝や肘の働きを活かすことが如何に大切かを学びました。
関節の曲がる位置や動作の起点に対する認識を変えることができると、身体動作が全く異なってくることに驚きました。
M岡さん、昨日も多くの事に気付かせてくださり、本当にありがとうございました。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/384-9f34f9c1

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】