HOME>合気観照塾

観照文29

合気観照塾 2013.02.23

後方の相手に合気上げを掛ける
・呼気に伴う脱力
・前腕の内旋と脊柱の伸び
・腹部から湧き上がる動き
・体幹の内部の締まり
・手部の決め
・引きの起点、攻めの起点
・後頭部の広がり
・内部の重みの移動
・第五腰椎での攻め
・意識の及ぶ広さ

袋竹刀で、付けながら進む
・頚部の引き
・剣の分け目
・前方への重心の開放
・丹田と一致する位置
・相手の引き寄せ
・後方から通り抜ける意識
・途切れない動き

今日の稽古では、体幹の内部から起こる力が、指先・趾先に至る全身の収縮や弛緩として表れていることを学びました。
欠伸や嘔吐といった生理現象の及ぼす力を全身の連動として体感できた一方で、今まで「締め」を安易に捉えてしまっていたことを感じました。
もっと身体内部で起こっている変化に意識を向けながら、練習に取り組んでいきたいと思います。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/393-19fc2c7f

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】