HOME>呼吸法セミナー

体験記40

呼吸法研究会 2013.02.24

下肢を曲げて座り、上肢との間に張りを作る
・呼吸によって生じる張力
・仙骨の決まる位置
・視線による先導
・中継地点での切り替え
・鼠径部での引き込み
・臀部の丸み
・張力を保持できる方向
・伸びの臨界

下肢を帯で縛って、呼吸を観察する
・吸気に伴う下肢の張り
・呼吸の入り方の変化
・身体内部の締め
・上肢との連動
・後頭部の皮膚のズレ
・仙骨への繋がり
・緩みからの誘導
・気持ちの良い伸び

先日の呼吸法研究会では、呼吸に伴う張力から生まれる力を体感できました。
姿勢や動作が変わっても、吸気によって生じる力からは常に張力が働き、それによって全身に呼吸を伝えたり、繋がりを誘導したりできることを感じました。
後半は合気道や剣術の相対稽古を通して、相手から掛けられた重みや締め付けも負荷として受け取るのではなく、それに対応した張力を呼吸によって生み出すことで、自分自身の内部から起こる力を高める要因として捉えられることを学びました。
M岡さん、参加者の皆様、先日も大切なことに気付かせてくださり、ありがとうございました。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/395-bcad5118

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】