HOME>合気観照塾

観照文30

合気観照塾 2013.03.02

手の内を意識しながら剣を振る
・手の内でのバランス
・右手と左手の行き来
・空気の出入りと剣先の高さ
・下肢の浮き
・体幹の向き
・前腕後面での攻め
・丹田と一致する位置

疾雷刀で相手に踏み込み、そのまま押す
・付ける場所
・伸びの臨界
・鎖骨の脱力
・鼠径部の深み
・折り畳まれる位置
・相手に触れたときの姿勢
・接点での緩み
・次の一歩

昨日の観照塾では、「合う位置」を辿っていくために、手の内の感覚が如何に大切かを学びました。
手の内の使い方や両手の行き来が、重心の移動や振り下ろした剣の位置や踏み出した足の向きといった、身体全体のバランスと大きく関わってくることを感じました。
様々な道具を持ちながら、手の内の感覚を養っていきたいと思います。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/397-d305434e

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】