HOME>治療

手掌鑑定

「手」という全身の中でみると小さな場所に、様々な目的を達成するための多くの要素が詰まっていることを学び、面白く思っています。
手部が、手根骨や中手骨といった多くの骨で構成されていることは知っていましたが、それらの間の関節を意識して動かせることを初めて実感したときは驚きました。
そして、体幹から起こる力を指先へと伝えるために、そうした場所の使い方が重要であることを感じています。

なぜ手根骨がこのような配置になっているのか考えたこともありませんでしたが、色々と動かしてみると、個々の関節の利く位置が、五指それぞれと対応し、尺骨に繋がる角度とも一致していることが分かってきました。
意識する指や向かう方向が変わると、前腕の向きや肘の位置や肩の角度が、それと関連して変化することを実感しています。
尺骨と橈骨の間の締めが体幹や下肢の締めとも連動し、手掌側の利きによって内に集まる繋がりが生まれ、手背側の利きによって外に向かう繋がりが生まれることを感じています。

自分自身の手の平を見ていると、過去には無かった手掌の中央を縦に走る皺が、いつの間にか出来ていることに気付く機会がありました。
きっと、それまでは母指球と小指球を寄せるような動きをすることが少なかったため、その位置に皺が出来る条件を持っていなかったのだと思います。
それ以外の場面でも、手の形や動きが変わったことを感じることがしばしばあります。
私は手相の見方について、きちんと勉強したことが無いので、そうした変化によって自分自身の運命がどのように変わったのかはよく分かりません。
ただ、今まで動かせなかった部位を動かせるようになったり、出来なかった動作を出来るようになったことを、喜ばしく思っています。

手の皺の一本一本にも、その方のそれまでの人生が表れているとすれば、そこから将来を予測するということも、必ずしも不思議でないような気もします。
手相を見る行為に限らず、あらゆる視診が、その方の「現在」から「過去」を知り「未来」を予測するということになるのかも知れません。
そうして診えた「相」を少しでも良い方向に変えられるように、治療に馴染む手を創り続けていきたいと思います。

フキ

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/398-458fba14

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】