HOME>呼吸法中心塾

学習内容25

オロチ研究会 2013.03.17

オロチを垂らして、回す動きを観察する
・手関節の決め
・母指と四指の対応
・薬指の働き
・手背側の意識
・オロチの付け根の転がり
・肘や肩の球の動き
・体幹との連動
・一本ずつの紐に伝わる揺れ

オロチを介して、相手を引く
・相手との位置関係
・三次元的なバランス
・吸い上げによって生まれる張力
・仙骨と後頭骨の間の張り
・後頚部での釣り上げ
・それぞれの関節の固まらない位置
・筆先の躍動感
・身体後面での引き
・相手との呼吸の伝わりの対応

日曜日はオロチ研究会に参加させて頂き、M岡さんのご指導の元、オロチを使った稽古をしました。
条件を色々と変えながら相手と繋げる練習をする中で、オロチの一本一本の緩みが取れた状態では、ピンと張った一筋の繋がりが生まれることを体感できました。
それは、自分自身の身体内部においても同様で、それぞれの関節間でそうした感覚を通していくことで、お互いの間の繋がりが途切れないまま動作を行なえることを感じられました。
M岡さん、K野先生、参加者の皆様、昨日も貴重な体験をさせてくださり、ありがとうございました。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/404-8da130e8

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】