HOME>呼吸動作研究会

活動報告35

健康維持互助会 2013.03.24

今月の健康維持互助会の前半は、H多さんが担当してくださいました。

仰臥位でオロチを持ち、呼吸に伴う身体の動きを観察する
・紐の滑り
・それぞれの指の意識
・手関節の背屈
・肘の曲がる位置
・力の入りやすい部位
・全周囲への広がり
・呼吸の通る経路
・相手の中心と自分の中心

お互いの腰部、背部、後頭部に紐を掛けて引き合う
・相手との間の紐の張り
・重心の位置
・仙骨と後頭骨の位置関係
・目線の高さ
・意識の及ぶ距離
・腰部からの引き寄せ
・動きの同調

後半は、K元さんが企画・進行を担当してくださいました。

ボールを把持して、手の内を観察する
・手部の張り
・ボールの内部からの圧力
・薬指の働き
・ボールの中心
・肘や肩の力が抜ける位置
・ボールから合気を掛けてもらう

紐を両側の手関節にかけて、様々な動作を行なう
・吸気に伴う紐の張力
・動きの起点
・任脈と督脈の引き合い
・伸びの臨界
・姿勢の変化と張力の維持
・緩んでいく経路

今回の健康維持互助会も、企画されたお二人の工夫から生まれた発想に触れながら、楽しく学ぶことが出来ました。
こうして体験させて頂いた感覚を、自分自身の身体を観察していく上でのヒントにさせて頂きます。
参加者の皆様、先日もありがとうございました。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/407-3be7333c

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】