HOME>合気観照塾

観照文36

合気観照塾 2013.04.20

胸や肩を押さえてもらい、返す
・呼気に伴う脱力
・肋骨の締まる位置
・接点の点
・脊柱の意識
・身体内部の伸び
・緩みを取り続ける方向

相手が突き出した腕を、ずらして転ばせる
・周りの空間への意識
・接触する前の吸い込み
・相手の中心と繋がる位置
・伝わる深さ
・通る方向と詰まる方向
・緩まない引きと攻めの切り替え

昨日の観照塾では、繋がりの伝わる深さが印象に残りました。
皮膚表面からの物理的な距離ではなく、どれだけ接点から繋がる深さに届いているかで、力の伝わり方が全く異なってくることを感じました。
たとえ触れていなくても、周りの空間を含めて緩みを取ることで、動きそうな方向と固まりそうな方向を感じられることを面白く思いました。
稽古で得た感覚を治療に活かせるように、工夫していきたいと思います。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/417-419ec193

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】