HOME>施術勉強会

丹求心

先日、K野先生が、K元さんのお店で施術の勉強会をしてくださいました。

最初に、ベッドに坐った姿勢で、O-リングテストを通して身体を観察しました。
検査を行なう前の基本形を、姿勢を取り直したり、上肢の浮く位置を探したり、手首の角度を調節したり、指の組み合わせを変えたりと、丹田の感覚の有無を基準として調整しました。
繋がった位置では、丹田の感覚を指先まで広げられ、指に加わる感覚や伝わる力がそのまま丹田と一致している状態を体感できました。
今まで、丹田を下腹部に存在する球として意識していましたが、必ずしも場所や大きさが固定したものではないことを感じることが出来ました。
そして、向いている方角や、持っている物や、指差している色との相性によって、丹田の感覚が薄くなると、指先が簡単に外れてしまうことを確認しました。

それから、丹田の感覚が途切れないように意識して、太極棒を持ちながらの動作を行ないました。
呼吸の働きと太極棒の動きが同調している時は、脊柱に意識が通る位置を感じられ、その役割の大きさを実感できました。
仙骨と後頭骨を両端として、呼吸の出入りに伴って、その間を上方から下方、下方から上方へと順に力が伝わっていく様子を感じられました。
いずれの位置であっても、太極棒と脊椎の高さが釣り合っていれば、相手の負荷をそのまま丹田で受けられることを学びました。
日常のあらゆる場面で、姿勢や動作において、丹田が利いているかどうかを意識しておくことが如何に大切かを学びました。

その後、直接のご指導を頂きながら、K野先生の施術をさせて頂きました。
両手で緩みをとった状態から、力の抜ける位置まで浮かせて、自分自身の頚部を引きながら、相手の頚の先まで意識して行ないました。
そこから、手で押すのではなく丹田の重みを伝えることで「入れる」ことができ、楽に呼吸が出来る姿勢で待ち、相手の身体内部の動きに付いていきながら「抜く」ことで、緊張を弛められることを教えて頂きました。
「攻め」だけでなく、常に「引き」とのバランスを取って動作を行なうために、脊柱の働きの大切さを感じました。
また、施術において、弛む位置や、伝わる深さや、戻ってくる経路を、もっと丁寧に診ていくことの必要性を感じました。
他にも、私自身の課題となる多くの点を、実際の施術を通してご指摘頂くことができ、たいへん勉強になりました。

勉強会を通じて多くの体感を得られ、自分自身の身体を創り、感じて動ける状態を維持しておくことの大切さに気付くことが出来ました。
K野先生、K元さん、先日は素晴らしい体験をさせて頂き、本当にありがとうございました。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/444-94e2a9c3

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】