HOME>呼吸動作研究会

活動報告39

健康維持互助会 2013.07.28

今月の健康維持互助会の前半は、SRさんが進行してくださいました。

竹踏みに乗って、足部から骨盤への連動を観察する
・足関節の角度と重心の変化
・膝の抜ける位置
・趾先の向き
・足底筋膜の張り
・足底の感覚の変化
・踵から百会への伝わり
・軸の安定度

立位で上肢の肢位を変えて、安定度の変化を観察する
・手関節の角度や指の向き
・指から先へ向かう意識
・後頭骨の引き
・上肢の向きと繋がる経路
・全身のバランスの変化
・相手を引き返せる位置
・固まっている「安定」と弛んでいる「安定」

後半は、KMさんの担当で、杖を使った稽古をしてくださいました。

杖を介して相手を持ち上げる
・腰部への吸気
・鼠径部の深さ
・骨盤の傾きと手首の角度
・脊柱を上っていく感覚
・肩甲骨の開き
・上下方向への骨盤の切り替え
・呼吸で上げられる位置

ずれて向き合い、杖を介して相手を転ばせる
・小指側の意識
・杖との間の滑りと緩み
・両手の引き分け
・分け目の位置と臍の向き
・ぶれない回転軸
・相手の頚部への繋がり
・丹田から起こる動き

前半は、自分自身の身体の繋がりを改めて見直すキッカケとなり、後半は、杖を介して相手と一体となった状態、そうでない状態の違いを体感することが出来ました。
今回も、進行してくださった皆様の発想に触れながら学ぶことができ、多くのことに気付かせて頂きました。
SRさん、KMさん、お相手をしてくださった皆様、先日はありがとうございました。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/452-c1a676a8

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】