HOME>呼吸法セミナー

体験記45

呼吸法研究会 2013.07.28

仰臥位での膝の浮きを観察する
・姿勢や動作のアンバランス
・吸気に伴う骨盤の転がり
・足関節と股関節の動きの対応
・膝の曲がる位置
・下肢後面の意識
・足底の滑り
・伸びていく方向
・踵の押し出し
・頚部との繋がり
・下肢と上肢の釣り合い

長坐位で呼吸に伴う動きを観察する
・骨盤の角度と臀部の当たる場所
・鼠径部の深さ
・肛門の締まる位置
・第五腰椎の決め
・下肢内側の張り
・脊柱の伸び
・動作と視線の一致
・それぞれの関節の転がり
・肩の前後バランス
・上肢の落ちる位置

先日の呼吸法研究会では、自分自身の身体の連動を観察し、それを相手に誘導させて頂く中で、多くのことを学びました。
立位で大腿部に手を当てて緩みを取り、呼吸から起こる連動によって生まれる力を等尺性に高めていくと、下肢内側や上肢尺側が張り、脊柱の意識が強まっていく状態を体感できました。
そうして高められる身体内部の圧力は、腕を持たれた状態では相手に伝えることもでき、相手を浮かせる大きな力として表れることを実感できました。
M岡さん、参加者の皆様、先日も貴重な体験をさせてくださり、ありがとうございました。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/453-9d97e30b

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】