HOME>呼吸法セミナー

体験記46

呼吸法研究会 2013.08.25

両手を合わせて、呼吸に伴う動きを観察する
・顎の引き
・尾骨の向き
・踵と爪先の行き来
・吸い上げた位置と手の高さ
・多段式の締め
・両手の合わせ方による変化
・前後や左右への移動
・内部の重みと手の下降の時差

相手の呼吸を誘導する
・仙骨と後頭骨のバランス
・視線の方向
・鼻腔を通る空気と頸椎の動き
・頬骨の寄り
・脊柱の伸び
・「ん」と「あ」の響き
・呼吸の通り道

今月の呼吸法研究会では、体幹の前で両手の手掌を合わせた状態、両手の手指を引っ掛けた状態での呼吸を観察しました。
力で押し合ったり引き合ったりするのではなく、反対側とのバランスを感じながら支え合うことで、呼吸によって生じる動きを感じられました。
交流が内向きに起こると内部へ前方へ下方へと集まり、外向きに起こると外部へ後方へ上方へと広がっていくといったように、陰陽のイメージと一致することを面白く思いました。
M岡さん、参加者の皆様、今回も様々なことに気付かせてくださり、ありがとうございました。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/461-66136324

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】