HOME>施術勉強会

解く相反

先週の土曜日は、 M岡さんのご自宅での勉強会に参加させて頂きました。

最初に、仰臥位で、自分自身の呼吸を観察するところから始まりました。
下肢の組み方を変えながら呼吸を行ない、どの経路が張っているか、どのように弛んでいくかを観察しました。
緊張が弛んだ状態では、下肢の動きが軽くなったことを感じ、今まで骨盤の傾きを臨界まで動かせていなかったことに気付くことが出来ました。
骨盤をいっぱいま前傾させられると尾骨が立ち上がり、仙骨から脊柱を順に引き寄せていくことで、重みをそこに乗せて行けることを感じられました。
その結果、肩部を床に付けた状態では頭部を、後頭部を付けた状態では背部を浮かせても、身体後面に張りが生まれ、身体の繋がりによってバランスを取れることを学びました。
肘を床に向かって引ける位置では、上肢との繋がりも生まれ、相手からどの向きに負荷を与えられても、吸い込んで返せることを体感しました。

それから、動画で撮影して自分自身を客観的に観ることで、呼吸や姿勢の癖を観察しました。
私の場合は、身体後面を意識しながら吸い上げようとすると、背部が一体となって上がる一方向の動きになっていたことに気付くことが出来ました。
相手と色々な方向で手を合わせながら呼吸を観察することで、様々な場所での引きと攻めを意識することの大切さを教えて頂きました。
尾骨の向きや顎の引きを意識しながら、吸息を脊柱を通して吸い上げたときにも、背部を下方へ向かう力が働く位置を観察しました。
仙骨と後頭骨を繋ぐ張りが生まれると、前方に向かっていても後方への引きが保たれ、相手に押されても崩れないことを確認しました。

また、腹部への吸息によって下腹部に生まれた張りを、肋骨を締めながら吸い上げることで、その力を体幹の内部へ引き込めることを体感しました。
横隔膜の収縮によって、肋骨が浮く一方で、下方への圧力も生まれ、下肢内側から足底へ下る繋がりが生まれることを感じられました。
上から押さえられた重みも、その経路へ通すことができ、そこから相手との関わりの中で力を交流させられると、相手を浮かせたり落としたり出来ることを学びました。
さらに、肋骨内部への引き込みによって、腹部から体幹の内部へと続く経路を感じられ、丹田の動きを伝えることで、繋がりが途切れることなく、相手をあらゆる方向に誘導できることを体感しました。
そのためには労宮や湧泉の働きを意識し、上肢や下肢が自由に動かせる位置を探っていくことの必要性を感じました。

現状を客観的に観察して、自分自身の「当たり前」を変えていくことで、呼吸や相手への力の伝わり方が大きく変化することを実感できました。
M岡さん、KMさん、先日も多くのことに気付かせてくださり、ありがとうございました。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/463-fedf5759

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】