HOME>呼吸動作研究会

活動報告41

健康維持互助会 2013.09.22

昨日の健康維持互助会の前半は、Z間さんが「足部からの繋がり」をテーマに進行してくださいました。

帯を足底に通し、足関節の動きを観察する
・下肢の形状、左右差
・動きが詰まる箇所
・帯の張りの偏り
・膝の曲がる方向
・鼠径部の深み
・踵の立体感
・身体後面の繋がり

仰臥位で寝て頂き、下肢からの施術を行なう
・踵への手の当て方
・股関節を転がせる位置
・自分自身の股関節の動き
・坐骨の向き
・踵の滑っていく方向
・体幹による誘導
・中央へ近付くライン

後半は、私が担当で、「呼吸の行き来」をテーマに進めさせて頂きました。

側臥位で、両膝の間や手の下にボールを置いて、転がりを観察する
・ボールを置く位置
・体幹の向き
・四肢の角度
・骨盤が動く方向
・ボールの転がりの変化
・呼吸の通り方

片手を持ち合い、呼吸を取り交わす
・吸気に伴う伸び
・頚部への繋がり
・呼気に伴う脱力
・流れる経路の向き
・入ってきた量と返っていく量
・施術への応用

前半は、自分自身の身体の観察がそのまま相手の身体の診えかたに繋がり、自分自身の動作の癖がそのまま誘導する上での偏りに繋がることを感じ、身体創りの大切さを改めて実感しました。
後半に企画した内容を進行させて頂く中で、曖昧にしてしまっていた事柄が明確になり、自分自身の診立てや動作を見直す良い機会となりました。
前半の指導をしてくださったZ間さん、お相手をしてくださった皆様、今月も多くのことに気付かせてくださり、ありがとうございました。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/469-cc07423b

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】