HOME>合気観照塾

観照文55

合気観照塾 2013.09.28

昨日の観照塾は、M岡さんの御指導の元、短棒や剣を用いた稽古を行ないました。

正坐位で向き合い、両手の間に短棒を挟み、呼吸をどれくらい相手に伝えられているかを観察しました。
上半身に意識が上っているときは、肩部や肘部に力が入っていたため、少しずつ下方に意識を下ろしていく練習をしました。
下肢が連動して動き始めると、畳との接地面のズレがそのまま相手に伝わり、上肢の力を抜いたまま相手と動きが同調してくることを感じました。

それから短棒の一端を把持してもらい、反対の端から回転させて相手を転ばせる技を練習しました。
棒を握ってしまうと自分自身が固まりましたが、呼吸や体幹の移動に沿って手が付いていくと、繋がりが途切れずに動けることを感じました。
相手の後方まで棒が回ると、尾骨で座っていくように体幹を下ろすことで、第五腰椎が決まり、自分自身の重みを、相手の腰部の力が抜ける位置へと落とせることを学びました。

それから、相手の道着の袖を持って呼吸で緩みを取りながら、相手の体内の動きを誘導しました。
顎を引いて後頚部を伸ばすことで、後頭骨の位置が決まり、丹田の動きが上肢を柔らかく伝わっていくことを感じました。
相手から呼吸を受け取れる状態にするだけでなく、そうした保証をしておきながら預けることで、自分自身がブレることなく主導できることを学びました。
小さな動きであっても、道着を介して力が伝わり、同調して骨盤が動いていることを感じ取れ、離れた場所からでも身体内部のバランスを変えられることを実感しました。

今回の稽古で得た感覚を、常に感じながら施術を行なえるよう、意識していきたいと思います。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/471-419489e9

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】